2016
08.04

そうは問屋が

Category: 義母
義父の葬儀後母のそばにいた妹が、きょうお昼過ぎに帰っていきました。
帰る前に妹が、「○○ちゃん(私のこと)が、良かったら家に泊まってって言ってるけど」と母に聞きました。
「いいのがぁ?」と母はニコッと私を見ます。
「いいんだよ。来てちょうだい」
ということで我が家へ。
でも5分と経たないうちに、
「ワラシ(子ども)みたいですまねけど、家に行きたい」

やっぱりです。
私が一番気がかりだったことは、母が私に気兼ねすることでした。
書けば長~い事情ですが、誤解から義父に遠ざけられていた私です。
誤解だと言うのは父以外全員知っているのに、誰も誤解を解くことができないほど困った父でした。
そんなことがあって母は私に済まないと言う気持ちを持っていると思うのです。
妹が言うのですが「お母ちゃんは○○ちゃんが一番好きなんだと思う」
そうだとすれば、一番一緒にいたい人に一番気がねするという、母はどうして良いのか分からないのだと思います。
夕飯を一緒に食べて、今夜は母を残して帰ってきました。


それから決まりかけた施設ですが、介護度の高い人が多いホームなので、母にはどうか?と施設長が言っているそうです。
母にはもう少し自立した人がいるホームが良いのではないかということらしいです。
支援センターとまた相談しながら、振り出しからやり直し。
一つ学んだので、次に生かして動くつもりです。


トラックバックURL
https://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/645-d1acb05a
トラックバック
コメント
わすれ草さん、こんばんは~

一難去って、という感じですね。
私の両親は二人とも、脳卒中患者でした。
父が69、母が77歳なので、まぁ、早世のほうだと思います。

二人のうち、父は有料の老健施設に入所しました。
もう20年くらい前のことで、家を父の介護むきにするようにリフォームするために、でした。

目玉が飛び出るほど高額なのに、私たち娘が食事時間帯に訪問すると職員さんがあからさまに、迷惑そうな顔をするのです。

個室なのにですよ。

そうしてみるとお母様の施設の方針は良心的なように感じます。入る方目線というか。

一難去ってまた一難というよりも、それを活かして、次に♪
なんですね~~

そんなわすれ草さんだからお母様も一番、お好きなのでしょうね。(^^♪
親子であっても、むつかしいものですね。

dot 2016.08.04 22:40 | 編集
 窓さん

姉の施設の職員は、やる気満々のひとと、通り一遍の人との差が大きいような気がします。
老人介護の現場も同じなのでしょうね。

その中で入居者目線で考えてくれた施設長の意見は有難いものです。

人を預かったからには逃げるわけには。
今度は失敗しないように学習して、分かるように説明をしてもらって(この前は分からないところが分からない状態)私も楽できるように、母も楽しいような線を探れればいいなあ。
わすれ草dot 2016.08.05 16:41 | 編集
今晩は。

実家の母も最後の3年近くはグループホームで過ごしました。
とてもいいグループホームでした。

夫と二人で何軒もホームを探しました。夫の許可が中々下りませんでした。

スタッフばかりが元気で、入居者が元気でない。
こんなところにおばあちゃまは預けられないと言って。

やっと夫の許可が下りた所は1時間も離れた所でしたが
月に何回も会いに行きました。

でも亡く成った後で後悔は有りました。 何故もっと家で見る事が出来なかったのかと・・・

家で見る事が出来なかったのにね~
ホーム探しは大変ですね。


マロンとカリンdot 2016.08.05 20:17 | 編集
 ☆マロンとカリンさん

昨夜ベッドでスマホを使ってお返事書いたのにどこかへ飛んでしまいました (ーー;)

ご主人が納得する良いホームを探されたということ、マロンとカリンさんのお母さんのためにね。優しいご主人ですこと。

どう尽くしても後悔はつきものだそうです。
家で見ることだけが幸せとは限らないと思っています。

夫の母は誰の世話になっても気兼ねして身を小さくしていると思うのです。だから条件が揃えばやはり施設入所が最良の方法だと思っています。

ありがとうございました。
わすれ草dot 2016.08.06 21:08 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top