2016
08.22

惚ける幸せ

Category: 義母
激しい雨も風も夕方にピタリと止みました。
大きな被害がなくてほっとしました。

台風のきょう、義母がどうしているのか心配で、妹から弟に電話してもらいました。
母は、介護保険更新の意見書を書いてもらうために、弟と一緒に病院だったそうで、一人ではなかったとわかり安心しました。
s-P_20160820_173908.jpg
昼過ぎから風雨が強まってきましたが、たぶん弟は母を一人置いて帰ったと思います。いつものことです。
心細いだろうなと思うものの、私も出かけられません。
ちょうど娘から電話があってそのことを言うと、娘は、おばあちゃん聞こえないから大丈夫じゃないと。
そうかもしれない、耳の遠い母で良かったとつくづく思いました。
風の唸る音、窓をたたく雨の音、聞こえてないといいなあ。ついでに、低くなった認知度、恐怖心も薄くなっていればいいなと思いました。

惚けるって、老いていく過程で必要なことではないかしら。
忘れてしまいたいこと、数多くあります。
辛い思い出を荷を下ろすように忘れていって、楽しい思い出だけを残して惚けていくって、考えてみれば幸せなことじゃないかしら。
アルツハイマーの母もせめて、そんなふうに幸せに惚けて欲しいと思ったことでした。


<追記>
きょうコメントを頂きました。
アルツハイマーのことをよく知らないいまま、考えもなしに惚ける幸せ、などと書いていたことを反省しています。
自分が分からなくなっていく恐怖を感じるという考えが抜け落ちていました。
ご家族を介護された方々、不愉快に感じられた方々、お詫びいたします。


トラックバックURL
https://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/660-9babe288
トラックバック
コメント
こんにちは

実家の母はアルツハイマーに成りました。
母は「毎日が怖い。何だか何もかも分からなく成ってしまっているみたい」って、言って居ました。

楽しい思い出だけ残して惚けたら最高ですね。
私もそうなりたいです。
マロンとカリンdot 2016.08.23 10:51 | 編集
 ☆マロンとカリンさん、こんにちは。

人の脳はひどい出来事を忘れてしまう機能があると読んだことがあります。
そう言う出来事から先に忘れていけるならいいなあと思い書いたのですが、浅い考えでした。

自分が分からなくなっていく恐怖があるのですね。
それを自分に納得させることは難しいことなのでしょうね。
惚けたら幸せなんて、軽く言ってしまったことを反省しています。

ありがとうございました。
わすれ草dot 2016.08.23 12:56 | 編集
お早うございます。

余り気になさる事はないと思います。
私も早く惚けた方が得だと思って居ました。

母と一緒に暮して見て初めて知った程度です。
辛い事を忘れるって確かに幸せだと思います。

だから私は今でも先にボケたいと思って居ます。
マロンとカリンdot 2016.08.24 08:58 | 編集
 ☆マロンとカリンさん、こんにちは。

私も気楽に「ボケた者勝ち」なんて言ってたけれど、日々分からなくなっていく恐怖ってガン宣告にも似たものだと気づかされました。

辛いことだけを忘れられるなら私も先にボケたいけれど、介護者がいなくなっては子に迷惑が及ぶので、ねぇ。

ありがとうございました。
わすれ草dot 2016.08.24 10:57 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2016.08.26 13:45 | 編集
 ☆鍵コメさん、こわにちは。

お気遣いありがとうございます。
私こそ余計な心配をかけてしまいました。

惚けることについて、大事なことが抜けていたので、気付かされて感謝しています。
自分に置き換えて、すごい恐怖感を持ちました。

他のみなさんにも是非知って欲しいことだと思っています。

ありがとうございました。
わすれ草dot 2016.08.26 16:23 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top