2016
12.04

ただいま、校正中

Category: 点訳のこと
PCを引っ越した2階は快適です。陽が照れば25℃くらいになって暑いくらい。
PC以外のものはなるべく移動しないようにして、要るときに取りに行きます。少しは動くようにってね。

昨日も一昨日も、何をしてたんだろうと思うくらい何もしてなくて、ぼーっと日が暮れてしまいました。
いけない、こんな毎日ではいけないと、きょうは点訳に励みました。
山の仕事や暮らしを書いた本を点訳しています。
山菜、きのこ、山野草、炭焼き、養蜂、サンショウウオ・・・興味ある言葉が並びます。
知らなかった山の暮らしが書かれているのですが、取材は1993年から2002年まで。
この暮らしが現在も続いていることはないだろうと思います。取材対象者はその時で6、70代の人々が多いのですから。

夫の伯父は長年営林署で山を護る仕事をしていました。
キャンプや釣りに行った山形の人たちも、山を護って、山の仕事をしています。
その方たちの暮らしを思いながら読み進み、点字に直しているのです。
楽しんで点訳できる本を見つけることができてとても嬉しい!

ところで、要注意の珍しいページにぶつかりました。
点訳は改行、行あけを含めて、原本に忠実に進めます。
それがですね、このページ、始めと終わりが1行あけになっているのが分かりますか?
ページの途中の行あけは、注意しなくても分かります。終わりが特にクセモノです。
行数を数えましたよ、何度も。2行少ない。
点訳する者にしか分からない話ですが、ちょっと珍しかったので。

s-P_20161204_164342.jpg

s-P_20161204_165949.jpg
      (アイヅ カワグチノ エキガ マチア)

スクロールすると下にカナカナの行が見えます。
点字を読みながら校正しています。
本の上の黒いものは爪やすりなのですが、これが具合がよい。
読みやすいように傾けている本の上でもずり落ちない。
1行ずつ文節ずつ、指で押さえながらする校正に、今までいろんな物を試したけれど、これがいちばん使えます。

「おれ? どうでもいい」
といつも言われていました。
みなさんにとってもどうでも良い話で失礼しました。



トラックバックURL
https://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/725-bfe7afa0
トラックバック
コメント
ありがとうございました。

吉永小百合さんの番組を聞きましたよ~。

さあ、これで興奮が冷め、少しは眠れるだろうか?

眠る努力をしてみますね。
kmomotadot 2016.12.05 05:20 | 編集
点訳の大変さは 友人がしていましたのでとても大変と
思いました。 私は手話を選び2年ほど・・
でも転勤で中断して何も役立たなかったです。

ゆっくりと でも継続していく事の大切さを思います。
六花dot 2016.12.05 10:20 | 編集
 ☆kmomotaさん、おはようございます。

小百合さんの優しい声に癒されて良い眠りにと思いましたのに、かえって眠れなくなってしまいましたか。
来週は幸せに包まれて眠れますように。
わすれ草dot 2016.12.05 10:32 | 編集
 ☆六花さん、おはようございます。

六花さんは手話を学びましたか。
私は外国語の才能やセンスがないので、新しい言語を学ぶような手話はできないと思ってます。

点字はコツコツ、ポツポツの積み重ねなので何とか続いています。
が、点字使用者は激減しています。
中途失明者などを含めて、音声利用者が増えている現状です。

それでも、盲学校の先生の、
「点字は文化のひとつ」という話を励みに、1冊でも多くの文化を残したいと頑張っています。
わすれ草dot 2016.12.05 10:38 | 編集
技術の進歩で、音声利用はどんどん便利になりますね。
地元でやっているボランティアの音訳も来年度からは
全面的にデジタル化になるので、その対応に大わらわです。

一方「点字は文化のひとつ」であることに改めて気づき、
ハッとする思いです。。
「一冊でも多くの文化を残したい」というわすれ草さんの
心意気に、見習いの私も励まされます。
べに丸dot 2016.12.05 12:13 | 編集
 ☆べに丸さん、こんにちは。

音声のことはほとんど分からないのですが、声の削除や上書きなどができるのでしょうか。
声の調子や高低も変えられれば、間違ったところだけ読み直して挿入できますね。技術はそこまで進んでいるような気がしますが、どうなのでしょう?

「点字は文化」という先生の言葉を時々思い出して、やる気を奮い立たせています。
わすれ草dot 2016.12.05 15:36 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top