2017
01.15

大雪のお見舞い申し上げます

Category: そのほか
全国的に寒波にみまわれていますが、大雪や吹雪の被害が出ませんように。
当地はお日さまが出ているけれど、風が冷たく寒い1日でした。
ほんの3千500歩くらい歩いて帰りました。用事があったから仕方なく歩いたけれど、頬に当たる風の冷たいこと。
でも体ポカポカ、少し汗ばみましたよ。
体を動かしたついでに夕飯を作りました、穴あきや歪なのも入れて24個の餃子。

s-IMGP4312.jpgs-IMGP4314.jpg

柔らかくもちもちした皮、味もなかなか、おいしくできました。

__________★__________



お腹いっぱい食べた今夜、昨日書いた「いずれ」を紹介することにします。元気だからです。

中島みゆきのお父さんは倒れて数か月後亡くなったのですが、その父への思いを曲にしたものだそうです。
この曲を聞くといつも胸が詰まりますが、夫が亡くなった後ではもういけません。ぼろぼろ涙がこぼれます。
もう何度も何度も泣いたし、きょうはお腹がいっぱいで元気だから、大丈夫だと思います。紹介してしまいますね。
彼女が歌うのは見つかりません。
フルートを演奏している方がいました。
それから、坂本冬美が歌っているのがありました(ちょっと私的には違うけれどね)。





詩は聞くものが自分なりに消化してよいものだと思います。
私は夫にいいたかったこと、してやればよかったこと、後悔の数々を中島みゆきの歌に乗せて、詫びながら聞いています。


トラックバックURL
https://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/756-a46d2f15
トラックバック
コメント
辛いですね。涙ポロポロです。
私まだ泣いていて良いんですね。

私まだウロウロしていていいんですね。

私まだ 誰とも会いたくないと思って居てもいいんですね。
六花dot 2017.01.15 23:37 | 編集
 ☆六花さん、おはようございます。

六花さんにはあまりに辛い歌なのでどうしようかと迷ったのです。
歌に浸って涙を流すことが無駄でないこと、悲しいけれど僅かでも慰められること、そんなことがあるのではないかと思うのです。

悲しいはずなのに泣けないより、思い切り泣いてしまう方がよいように思います。泣けるまでに時間がかかった私です。
わすれ草dot 2017.01.16 10:18 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top