2017
04.27

備え

Category:
CTの検査で偶然見つかった姉の主膵管拡張ですが、ウェブで調べました。
会社の健康診断などで偶然見つかる人が多く、大方は心配のないもの。
一方で、膵臓がんの95%は早期から主膵管の狭窄と拡張を伴っているということが分かりました。

詳しい検査前、まだ何も分からないうちから心配しても仕方がないと思うけれど、病気に対する抵抗の強い姉のことですから、万一のことも考えておかないと厄介なことになります。

厄介事はなにか、知り合いの福祉相談支援員のSさんに教えてもらいました。
万一手術になった場合、それが当然一番大変なことですが。
そのほか、その入院が長引くことになったりしたら、施設を退所しなければならなくなるそうです。
短期で退院できたとしても、今いる施設に病者の姉の受け入れを断られたら、そのときはどうするか。
その時のことも考えておかなければなりません。

きょうは考えるのは止めよう・・・気が重い。

s-IMGP4435.jpg
           シロヤマブキ


トラックバックURL
https://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/832-69f2a715
トラックバック
コメント
お姉さんの対応もなさるのですね、大変だな
施設は病院とは違うので、医療行為が残ると大変でしょ

僕の母親の場合、母親は全く食事を拒否しましてね
要介護5を貰って、介護の補助が受けれると思ったら
デイサービスも施設もあなたのお母さんは利用できませんと
言われ、ウソだろうと走り回った事がありました。

点滴が必要なため、結局家で見る事になったのですが
医療行為は看護師や家族以外は出来ないって、これまた大変
点数が足りなくなって、点滴の針を刺すのは看護師がして
そのまま帰り、後は僕がついて針を抜いて処理するなんとこと
がありました。
素人で全く経験ないのに怖かったです。

どんな状況か分かりませんが、よく対応して貰えるところを
探して備えをしておく事は大切ですね
メタさんdot 2017.04.28 21:06 | 編集
 ☆メタさん、こんばんは。

施設に病院が併設されていて、最後まで同じ所で穏やかに過ごすことができればどんなによいか。
つまらない、よく分からない規則で、本人も家族も振り回されます。

メタさんと奥さんの介護の苦労には頭が下がります。

姉が介護を必要とすると決まったわけではないですが、病名だってわかったいないですが、普通に受け入れてくれる病院がないことが予想されるので、今から心の準備、覚悟を定めておいたほうが良いかと思って書きました。
なんでもなくて笑って終わられるといいなぁ。
わすれ草dot 2017.04.28 22:08 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top