2017
05.16

歯痛 その後の後の後

あんなことも、こんなこともされないで帰ってきました。レントゲン撮ったり、チョコチョコッと何かはやりましたが。
先生はずっと診てもらっていた先生は辞めたらしく代診の先生でした。
「症状が良くなってるようなので、もう少し服薬を続けましょう。そして口腔内ケアをしながら頑張りましょう」

拍子抜けしました。痛くされなくてよかったとホッとしたものの、ほんとうにこれでいいのかという不安もあって。
でも医者の言うことに反論できる知識はなく、従うほかないでしょう。頑張ってみますか。

「以前の先生は下の歯の時は切開したんですが」
「あ、好きなんだ、切るのが」

この代診の先生も、ここで診るのは今月いっぱいで元の病院に戻り、その後は新しい先生になるそうです。
どうしちゃったの、このクリニック。いくつかの診療所を抱えたクリニックなのですが。
セカンド・サードのオピニオンを受けられると思えばいいのかな。

「安静が良かったね」
起き上がる気力もなく、眠ってまた眠って、が良かったようです。
一人は心細かったけれど、一人だから気兼ねなく寝ていられたのですね。


s-IMGP4577.jpgs-IMGP4573.jpg
s-IMGP4578.jpg返り咲きの木瓜 透きとおるような白です。

行者ニンニク。
食べる人がいないまま花をつけます。

夫が植えたヘビ苺。かわいいでしょ。



トラックバックURL
https://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/846-6fb6f33d
トラックバック
コメント
お早うございます。

歯痛で悩まされていらっしゃるようで、お見舞い申し上げます。
私も今ではしっかりとケアーをしていますが、歯の磨き方をいい加減にしていた頃を反省しています。
歯は1本でもなくなると全身に影響を及ぼすことが分かりました。
口の中には良い菌と悪い菌がいて、体調が悪くなると、悪い菌が活動することも分かりました。どうぞお大事に。
pirokodot 2017.05.17 06:50 | 編集
どうしても何かを食べていかなくちゃの人間は
歯の安静は保てないです・・体はゴロンしていてもね。

本当に歯は大切ですねぇ~

蛇苺小さく丸くきれい! 蛇って名前だけれど食べられそう?

遠音dot 2017.05.17 08:48 | 編集
恐れていたあんなこと、こんなことがなかったのですね!
良かったのかどうかわからないけど、とにかくお大事にね。

わすれ草さんの歯の治療の話を聞いていると、私の歯科医は
抜歯や切開をし過ぎなのかと考えてしまいました。

1本抜いたら、1年ほどで隣の歯も根っこのとこで割れて、
菌が入って何度も腫れて、結局抜くことに。

でも、わすれ草さんほど腫れて発熱するほどではなかったので・・・。
う~む。

ヘビイチゴ、可愛い☆
昔はどこにでもあったのに、いま探しているけど見かけません!
風のフェリシアdot 2017.05.17 09:33 | 編集
 ☆pirokoさん、ありがとうございます。

これからは切らない医者の指導の元、歯のことを考えて自分を叱りながら頑張らねばなりません。
冬の間、水道のない2階で生活していたので、こまめに歯ブラシを持つことが疎かになっていました。
さっそくツケが回ったということです。
身に染みましたから、今度こそがんばります。

わすれ草dot 2017.05.17 13:07 | 編集
 ☆遠音さん、こんにちは。

自分の心がけや努力で防ぐことができた痛みだと思うと情けないです。
そしてまたのど元過ぎれば、と繰り返す意志の弱さ。

ヘビ苺は食べて毒ではないそうですが、不味いそうです。
わすれ草dot 2017.05.17 14:01 | 編集
 ☆風のフェリシアさん、こんにちは。

歯医者さんも、内科的なのか外科的なのかの違いがあるのですかね。
誰に聞いても「切開」の2文字だけだったし、私も以前はそうされたので、なんか拍子抜け。そしてこれで果たしていいんだろうかと思っています。
判断の材料・症例が分からないので患者はお任せするしかないです。今度の先生がどう出るか、その時私はどうするか。命にかかわることではないけれど、難しいです。

ヘビ苺は近くでは見ませんかぁ。ランナーが伸びているので、増やしてみましょうか?
葉も花も、押すと使えそうな大きさかもと思っていました。
わすれ草dot 2017.05.17 14:09 | 編集
わすれ草さん こんにちわ。
ブログ本文、みなさんのコメント、読んでいくうちおっかなくなりました。歯を抜く、切開する、おっかない!

私の母は、歯でとても苦労したので3人の子どもにはこの思いはさせまいと、歯には神経質でした。お陰で3人とも虫歯がありません。もっと感謝するべきでした。

それにしても「あ、好きなんだ、切るのが」って、ねぇ…
yokkorindot 2017.05.17 17:33 | 編集
 ☆yokkorinさん、こんばんは。

虫歯がない・・・ない・・・うらやましい~~
どんな生活をすれば虫歯ゼロに?
お母さまはどんなことに神経質だったのか、教えてくださいませ。私はもう間に合わないけれど、孫たちを救ってやりたいですもの。

私の父は虫歯ゼロのまま60歳で逝きましたが、母は歯が弱い。父の遺伝子を受け継ぎたかったわ。

切るの好きな医者がいるって、外科でも言う人がいますよね。歯医者でもそうだったなんて。びっくりです。
わすれ草dot 2017.05.17 18:07 | 編集
こんにちわ、お返事遅くなってごめんなさい。
どんなことに神経質だったのか――そう訊かれると うーんと考えてしまいますね。
朝晩の歯磨き。間食は3時のおやつだけ。それもお皿に一人分ずつのせて。えーっ、これって極々フツーですよね。
ただ、虫歯になるととっても痛くて、治療がつらいことはよくよく聞かされました。虫歯って恐ろしいものだと思い込まされたのかもしれないですね。
わすれ草さんの痛い体験談こそが、お孫さんたちの歯を救うのではないでしょうか。
yokkorindot 2017.05.19 14:27 | 編集
 ☆yokkorinさん、お返事ありがとうございます。

えーっ、極々普通、じゃないですよ。
なかなかできないことです。

間食の時間を決めて、ダラダラ食いをさせない。
できそうでできなかったです。子どもたちも全員虫歯があります。
歯磨きもあまりうるさく言わなくて、子どもに任せっきりでした、反省。

でもね、良い歯の遺伝ってないんでしょうかね。
ほとんど歯磨きにうるさくない夫の従姉が虫歯ゼロ、子どももなんです。
それを歯医者に聞いた時に、「そんな極端な例を出さないでください」って言われました。
わすれ草dot 2017.05.19 23:46 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top