FC2ブログ
2017
07.21

支えられて

Category: 点訳のこと
急ぎ依頼の点訳ができました。
点字をキーボードで入力して、昨日は墨点字で、きょうは音声読み上げ機能で自己校正をしました。
点訳仲間と、PC上にフリーの会議室を持っているので、質問したり意見交換したり、ときにはおしゃべりしたりと活用しています。
そこに出来上がった点字ファイルと、原稿ファイルをアップして、さっき校正依頼をしました。
急な話でも引き受けてくれる仲間がいること、ありがたいです。

点訳の話なんか面白くもないでしょうが。
さっき墨点字と書きましたが、それは、点字を目で見えるようにしたものです。PC画面ではこうなります。

s-墨点字

これを印刷して目で見て校正するのです。
ちなみに原本はこう書いてあります。

 3 キャンパスのサムライ
月曜日。僕はハイスクールの入学手続きをすることになっていた。日本でも高校を卒業して ・・・・・・・・・・

へー、わすれ草、こんなスゴイことしてるの?
いえ、大丈夫です。ちゃんとカタカナが下に併記されるような設定もありますから、カンニングしながらです。

辛いことがあっても、へこたれても、点訳を始めれば集中しますから、憂きこともその時は忘れられます。
長く続けてこられたのは、それだけ憂きことが多かったということですか? ふふふ。

点訳のためにはいろいろなことを後回しにしたり、諦めたりして時間をやりくりしてきました。
そこまで夢中にならなくてもいいのでしょうが、責任を持って仕事をするとなると、小さなグループですから、どうしてもこんなふうにしかできませんでした。
もう一つ、点訳するには、ボランティアとはいえ、結構持ち出しのお金がかかります。
本や辞書を何冊も買いました。PCも講習会も。
それを夫は何も言わずに応援してくれました。

夫は自分がいなくなっても、こいつには点訳があるから大丈夫と思っていたかもしれません。
点訳と、ブログと、家族会。夫亡きあとの私を支えてくれていると思います。


トラックバックURL
https://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/900-cfae9635
トラックバック
コメント
その通り ご主人様は応援してくれていますよ。
惜しみない応援・・

年齢や環境の変化で 出来る事の振り幅が狭くなっても
或る日気が付くはず・・自分を支えてくれた人が
いまもいることを。  体調にだけは気を付けて下さいね。
それが チョット心配かな?・・
遠音dot 2017.07.22 08:36 | 編集
 ☆遠音さん、ご心配かけます。

昨日夜校正を頼んで、きょうは電車で1時間の所にお出かけ。友人とおしゃべりしてきました。
夕方帰ったのですが、ちと頭痛が・・・
それで迷わず横になって、少しは寝たのかな、起きたら大丈夫です。

明日からはいよいよ、水戸場所の始まり。
結局、3週間の大巡業になる予定です。予定は未定ということですが。
わすれ草dot 2017.07.22 18:28 | 編集
わすれ草さま、初めまして。
私は20代の頃、数年間点訳のボランティアグループにいました。
そのころは、紙を枠に固定して、鉄筆で一つ一つ点を打ち込んでいて、
よく間違えました・・・。グループの名前も「むっつのてん」。
最後に宮本輝さんの「泥の河」を一冊全部一人で完成させたのがいい思い出です。自分らしく生きるということ、自分らしく生きてもらうという事、大切ですね。
たんぽぽ・ママdot 2017.07.23 10:48 | 編集
 ☆たんぽぽ・ママさん、初めまして。

すごいです、手打ちで1冊仕上げられたのですね。
私は20年前に始めて、ほどなくPCを覚えたものですから、手打ちで1冊を仕上げた経験がないんです。
手打ちの大変さの経験がない甘ちゃんです。

今の私が、自分らしく生きると言えば、ただの我がままになるかもしれないけれど、亡くなった夫は自分らしく生きて、残る者たちに深い印象を残していってくれたと思います。

お越しいただいてありがとうございました。
わすれ草dot 2017.07.23 16:40 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top