2017
10.05

新薬開発

Category: 臨床試験
iPS細胞を使って病気の進行を食い止める薬が開発され、臨床試験が始まったというニュースを見ました。
iPS細胞が、病気のメカニズムを繰り返し調べたり実験するために役立ち、開発に繋がったということですね。

余命の短い病と知った時に夫は、治療効果の少ない抗がん剤投与を受けるかどうか迷いました。
結果的に8回もの抗がん剤投与を受けましたが、それは、「1日でも長く生きれば画期的な薬が開発されその恩恵を受けられる」という知り合いの医師の励ましを受け止めたからでした。

治療と治療の間には、新薬の臨床試験に参加しました。
参加前の説明から、初めから有効量の投薬がされるのではないことを知りました。
参加2番目だった夫は、有効量より少ないグループに入ることになりました。
それを知って私は、正直ガッカリしました。臨床試験だからと自分に言い聞かせてはいても、できれば有効量の投与を受けさせたいと思いました。
でもそれはいかんともしがたい順番だったのでした。

入院の連絡を待っていた時、大学病院から電話があり、試験開始が無期限で延長されたと告げられました。
ガッカリと安堵のような気持ちが行き交いました。

話は前後しますが、臨床試験参加の条件に、たしか、「余命3か月以上」の診断を主治医がする、という項目があったような気がします。
余命半年の病、その半年を迎えた夏のことだったので、診断書を書いてもらったときには、夫の命が冬まで保証されたと思い、密かに喜んだものでした。

延期からか9か月後、臨床試験が再開されたのでご参加願えませんか、という大学病院からの電話を受けました。
その時は抗がん剤投与の予定があったし、病態が以前より進行しているということを言って、参加を見送りました。
亡くなる5か月前でした。


夫はずっと臨床試験に積極的でした。
最初の一人に誰かがならないと臨床試験は始まらないと言っていました。
自己を犠牲にした多くの方のおかげで開発される薬。きょうも私は2錠飲ませていただきました。


s-IMGP5010.jpg

寒くなって、ようやく赤くなった 
オキナワスズメウリ


トラックバックURL
https://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/949-a8131b48
トラックバック
コメント
兄が肺がんのステージ4だと分かった時に医師から
わすれ草さんのご主人と同じ様に言われました。

「1日でも貴方が長生きすると新しい薬が発見され使えるように成ります」

その通り兄が亡く成った後に肺がんに効く抗がん剤が出来たみたいです。

兄も治験に積極的でした。 もうやめたら?と、思いましたが
生きることに一生懸命でした。

早く癌が風邪みたいに簡単に治る時が来るといいですね。
マロンとカリンdot 2017.10.06 08:57 | 編集
 ☆マロンとカリンさん、目に見える動きがなくても、特効薬はきっとできるんだと信じていたいです。

ただ、間に合わなかった大事な人たちにも届けてやりたかったって思いますね。

生きることに一生懸命な人がいるのに、残された私はいったいこんなグータラでいいんでしょうか。いい筈はないね。
わすれ草dot 2017.10.06 15:32 | 編集
色々なさっているのですね
わすれ草さんを知れば知るほど(キット氷山の先っぽ程度だけど)今までの生きてきた道のりが伺えます。
端から見れば十分すぎると思うけど、
「まだまだ出来る・やらねば」なんですかね?
有る意味、似た者同士のご夫婦だったんでしょうね。
頑張って、子供や周りの人達に愛情を注ぎ、そして人生を楽しむ
とっても素敵ですよ
我が家も貧乏性で何かをしていないと駄目なタイプですが・・
若い頃のようには行かないことを体に感じる事が多くなりました。
ご主人様に、「あなたの分も楽しんだよ~」と沢山話せるように
適当に頑張って下さいね。


まめパパ&ママdot 2017.10.07 09:39 | 編集
 ☆まめパパ&ママさん、ごく普通のというよりグータラな婆ですよ。

遊ぶことが生きていることのような夫にいつの間にかリードされていただけです。
いなくなったら元のグータラに戻りますから、何か自分に課してこれからを生きていかなければと思いますけどね。

患者会のお手伝いをしていけば、会えた時に頭なでなでしてもらえるかもしれないと考えています(笑)
わすれ草dot 2017.10.07 13:32 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top