2017
10.08

訪問診療所

Category: 介護
2年前の今ごろは、入院していた緩和病棟を退院していました。在宅での最期を覚悟し、訪問診療の医師に初めて来てもらっていたころです。

訪問診療に関して書いておきたいこがあるのですが、重い後悔がどうしても先に立って筆が進みません。
でもいつかは、書かなければならないと思っています。
夫を看取った経験者としてだけでなく、自分の最期の時のためにも、思うことを書いておくべきと考えています。

訪問診療所のこと。
ターミナルケアをしている訪問診療所は地方には少なくて、患者と家族の考えと診療所の方針をすり合わせることなどできない。
そもそも「選ぶ」診療所がないのです。
残された短い時間の中では、妥協しかなかった・・・
・・・良くしていただきました。助けがなかったらとてもできない在宅の看取りでした。
けれど、後悔の波荒く。

思い出が辛い3週間です。
元気にしていますが、それなりに落ち込むこともありまして。偶には未亡人らしく。


トラックバックURL
https://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/951-6ea3b38d
トラックバック
コメント
友人のご主人が数か月前に亡く成りました。

病院にいたのですが、治療も出来ず狭い個室に居ると
友人自身も参ってしまうとの事で自宅にご主人を連れて帰りました。

市川には訪問診療をして呉れる医師が沢山います。
友人は何か所から選んだみたいです。

とてもいい医師に巡り合え、診療方法もよ~く話し合ったみたいです。

私も最後はその医師にお願いしたいくらいです。

同じ健康保険料金を払って居るのに地域によって診療所が
少ないなんて不思議ですし、許されないことですよね。

死ぬ時位我が儘を言って死にたいです。
マロンとカリンdot 2017.10.09 13:37 | 編集
 ☆マロンとカリンさん、最後だもの我がまま言ってもいいのですよね。

良い医師を選べるくらい診療所があればいいのに。
これからは増えていくのでしょうが。
地域間格差、どうにかしてほしいです。

人口10万人あたりの医師の数、埼玉、茨城、千葉が全国の最低ラインを争っているという資料を見たことがあります。
市川は千葉でも恵まれた地域なんですね。
わすれ草dot 2017.10.09 20:30 | 編集
14年経っても あの時…という想いは波のように 
引いては押し寄せる その繰り返しです・

その時点の選択肢はそれしかなかったんだと自分に言い聞かせ、
母の写真に「ごめんね」と胸の中で時々つぶやいてます。

生き方全て これで良かったの?なんて考えたら💦 
きりがないですね^^

今を大切に~先輩や友人皆が合言葉のように言ってるのが
なんだか可笑しくて ちょっと悲しくて 
歳を重ねるほどその想い強くなるのでしょうか・

最近 同年代の友人が脳梗塞で倒れ
彼女が元気な頃 望まなかった延命処置で今は植物人間状態...
意識があったら どう思うだろう~と

それも やりきれない思いです。

最後は マイペースでやるだけやって 
あとはなるようにしかならないんだ 
と開き直る日々です(笑)
Happy☆dot 2017.10.10 09:31 | 編集
 Happy☆さん、みんな痛みを抱えて生きているのですね。

その時点ではその選択しかなかった、そうなんですけど、戻ってやり直すことができないのだから、どう思うしかないんですけど。
戻ってきてくれたらもっと気が利いた看護をしてやり直したいと思ってしまう、命日が近いからなのよね。

植物人間状態のご友人のこと、心が痛みます。
自分の時のために、最後をいろいろ想定して書き残すことが大事だとつくづく思います。
わすれ草dot 2017.10.10 13:51 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top